水への感謝

私たち人類をはじめ地球上のあらゆる生きものにとって生命を維持するためにとても大切な水。朝起きて顔を洗うことから一日が始まり、夜は歯磨きとうがいをして就寝するまでの間、暮らしの中でもっとも身近で、必要不可欠で、他に代わるものがない掛け替えのない水。地球は「水の惑星」と言われるだけあって、水が豊富にあることは事実(14億立方キロメートル・140京トン)ですが、実際に私たちが利用可能な水はとても少量で限りがあります。

水は地球表面積の約70%を占めおり、そのうち約97.5%が海水、残りの約2.5%が淡水です。つまり世界は循環する海水、すなわち「水」で繋がっているとも言えます。

人類、陸上の動植物が生育に使う淡水は地球上に2.5%という少なさにまず驚きますが、そのうち約7割は北極南極圏の氷や氷河、地中深くに存在しており、すぐには使えない状態で、人類が利用しやすい河川や湖沼、ダムなどの水は地球上にある水全体の0.01%しかないという事実はさらに衝撃的です。

この貴重で限りある水を頼りに私たち人間は野菜や果物を育てて食べ、食べ終えた食器を洗い、衣類を洗濯し、トイレで流し、シャワーやお風呂で使い、常に水の恩恵を受けて暮らしています。

このように水なしでは暮らが成り立たないのは我々の日常生活だけではありません。私たちの胎内にある様々な臓器、筋肉、細胞などは半分以上が水分で構成されており、人は水なしでは生きていけない存在です。

人体における水の割合(体水分率)は年齢によって変わりますが、成人の場合は60~65%。子供は約70%、新生児は80%、そして羊水の中にいる胎児となると90%にもなるので、水はまさに人、生命そのものだとも言えます。ちなみにクラゲは95%が水分なので私たちがこの世に生まれてくる前の胎児期は限りなくクラゲに近い体水分率を保有していることになります。

一方、年齢を重ねるにつれて体水分率は下がり、高齢者は50~55%にまで減ってしまいます。体の水分率の高さは若さの証拠でもあり、水分率の低下は老化現象を映し出すバロメーターにもなり、美容と健康の観点からでなくとも体内に取り込んだ水分を如何に保つかということは人間にとっての生命線と言っても過言ではありません。

私たち一人ひとりが瑞々しい気持ちで毎日を暮らす上で、体内に水を摂取する時だけでなく、蛇口をひねって水を使うときも、水の大切さを忘れず、水に感謝して生きていかなければならないように思っています。

参考文献『水の基本』誠文堂新光社 千賀裕太郎監

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
走秀峰

走秀峰

神戸をメインに活動するネイチャーガイド「走散歩一緒」代表。Facebookで不定期に少人数ツアーを開催しています。
コラムカテゴリー: 自然環境

参加する

みんなでシェアするケア情報