精油の誤飲

みなさん、こんにちは!

突然ですが、みなさんが使用している精油にドロッパーは付いていますか?

取り外してみました!

このドロッパー、精油の性質によって形状が異なります。

 

樹脂系はドロ~っとしていますが、葉っぱやお花から抽出された精油は1滴欲しいだけなのにあれよあれよと出てしまうことがあります(私だけではないはず…)

ドロッパーの役目は全ての精油が【1滴0.05㎖】になるよう作られています。

こちらは溝の部分が大きいですね。

ドロッパーの役目は精油の量を調整するだけでなく誤飲を防止する為に付けられています。

「精油は植物100%なので安全」ではありません。

プラスチックも溶かせますし、直接触ると火傷してしまうものもあります。植物性とはいえ化学薬品なので原液を触ったり口に入れることは危険です。

 

万が一、家にある精油を

・お子さんが口に入れてしまった

・ペットがなめていた

意識もあり痙攣(けいれん)をしていなければ、水で口をすすぎ心配であれば病院へ行きましょう(誤飲した精油を持って行きましょう)

口をすすぐ際、うがい薬(アルコール成分が入ったもの)を使わないで下さい。

もし痙攣(けいれん)発作をおこしていたり、意識不明の場合は 気道を確保し 頭を低くさせて横向きにさせましょう。

速やかに病院へ行って下さい。

どちらの場合も精油を吐かせると成分により粘膜を傷つける恐れがあります。

 

精油が口に入ることのないよう保管場所や使用方法には充分気を付けましょう。

今回のコラムは

を参考にしています。

精油を扱う上での情報が1000ページ以上!!あります。

Amazon.co.jp スポンサーリンク

Share on facebook
Share on twitter
Share on google
アロマ学者

アロマ学者

アロマやハーブの専門家。インドのヨガ聖地・リシュケシュ出身者らの元で数年従事しスパイスの知識も得る。FP技能士、会計事務所での実務経験を活かし”お金と健康”に関するコラムニストとして活躍中。
タグ:
コラムカテゴリー: 安全対策 精油

参加する

このコミュニティに参加して自然と共生する未来をつくりましょう